Award

コンクール

第6回しまんと新聞ばっぐコンクール

新聞ばっぐコンクール2016
  • 今年も新聞ばっぐコンクールの開催が決定しました!
  • 10/30(日)〜11/10(木)までコンクール開催。
  • 初日の10/30(日)には、ゲストをお迎えして公開審査会を行います!
  • 出展応募締切は10/14(金)消印有効です。
  • みなさまのたくさんのご応募をお待ちしております!
  • ※受付の準備が整い次第、エントリーを開始致します。
  • もうしばらくお待ちくださいませ。
  • ■応募要項 [ >PDFダウンロード ]
  • 応募要項をご覧の上、ご応募ください。
    所定のエントリー用紙と作品カードを
    下記よりダウンロードし、ご利用ください。
審査員
  • 安藤 桃子(映画監督)
  • 梅原 真(梅原デザイン事務所)
  • 畦地 履正(株式会社四万十ドラマ)
展覧会
  • 会期:2016年10月30日(日)~2016年11月10日(木)
  • 時間:10:00~16:00
  • 会場:旧広井小学校(高知県高岡郡四万十町)
公開審査&審査発表 10月30日(日)
新聞ばっぐコンクール公開審査会&交流会も同時開催!

安藤 桃子 あんどうももこ

映画監督

1982年東京生まれ。高校時代よりイギリスに留学し、ロンドン大学芸術学部を次席で卒業。その後、ニューヨークで映画作りを学び、2010年ロンドンと東京で同時公開された『カケラ』で監督・脚本デビュー。2011年、初の長編小説『0.5ミリ』(幻冬舎)を出版。また、同作を自ら監督、脚本した映画『0.5ミリ』が2014年公開。第39回報知映画賞作品賞、第69回毎日映画コンクール脚本賞、第36回ヨコハマ映画祭監督賞、第24回日本映画批評家大賞作品賞、第18回上海国際国際映画祭最優秀監督賞などその他多数、数々の賞を受賞する。現在、同作のロケを行った高知県に移住。一児の母。

梅原 真

梅原 真 うめばらまこと

デザイナー

高知市生まれ。梅原デザイン事務所主宰。 -1×-1=+1の法則にもとづき「砂浜美術館」や「一本釣り鰹たたき」「島じゃ常識さざえカレー」をプロデュース。 一次産業にデザインをかけあわせて 「あたらしい価値」を作る人。「四万十川の新聞バッグ」のプロデュースも手がけている。 2010年『ニッポンの風景を作りなおせ』を出版。

畦地履正

畦地履正 あぜちりしょう

株式会社四万十ドラマ代表取締役

四万十町(旧十和村)生まれ。通信関連企業、地元十川農協に勤務後、 四万十川流域3町村出資により設立された第3セクター、四万十ドラマの全国公募に応募し 採用される。 2008年代表取締役に就任。「四万十川に負担をかけないものづくり」をコンセプトに、 地域と密着した自然循環型企業としての事業を展開して いる。

archive